競売 396-3-2001 OS Qラップトップバックパック Backpack Q バックパック [ティンバックツー] B00HSGKSR4 ブラック-メンズ

留め具の種類: ファスナー
タテ48cmxヨコ30cmxマチ13cm
ポケットの数:11(外側5/内側6)
重量:990g
PC収納可
ペンホルダー付き

  • 留め具の種類: ファスナー
  • タテ48cmxヨコ30cmxマチ13cm
  • ポケットの数:11(外側5/内側6)
  • 重量:990g
  • PC収納可
  • ペンホルダー付き

商品紹介

スウィングアラウンドアクセスできる「ティンバック2」ベストセラーのラップトップパック。
フォルムをスクエアにすることで十分な容量を確保しており、無駄なく荷物を収納できます。
トリコットライナージップポケット、周辺機器用外部ポケット、ラージフラップポケットなど機能が充実。
ソフトなトリコットライナーを使った、ラップトップ用の内部ポケットを搭載。
ラップトップに容易にアクセスできるデザインなので、必要な時にさっと取り出すことができます。
背面パネルは通気性の良いメッシュパッド仕様で、身体への負担や不快な蒸れを軽減。
チェストストラップを備えているのでフィット感が高く、ショルダーハーネスのズレを防止。
開けた時にのぞくチェック柄のライニングに、さりげない遊び心が光ります。
両手を自由に動かせるバックパックは、さまざまなシーンで活躍してくれます。

ブランド紹介

【TIMBUK2 / ティンバック2】
1989年、カリフォルニア州サンフランシスコで一人のバイクメッセンジャーが一台のミシンと格闘しながら最初の「ティンバック2」を創り出しました。
彼の名はロブ?ハニーカット。彼が自分で作ったメッセンジャーバッグを街中で使用していると、メッセンジャーではない一般の人にも、「そのバッグはどこで買ったのか」と頻繁に聞かれるようになりました。
そこに可能性を感じたロブは、メッセンジャーバッグの会社"Scumbags"を立ち上げて販売を開始。
彼が作ったバッグの耐久性はメッセンジャー達の間で瞬く間に評判となります。
1990年、ロブは"Scumbags"という会社名は本物のバッグカンパニーとして必要な信頼性に欠けていると感じ、伝説的なアフリカの街「Timbuktu(トンブクトゥ)」と人気のあるインディーズバンド「Timbuk3」からとって、「Timbuk2(ティンバック2)」という名前に変更しました。

1994年、ロブはマス?カスタマイゼーションとトヨタモーター社のメーカー哲学を学び、「ティンバック2」のシグネチャーバッグであるスリーパネル、トリカラーメッセンジャーバッグを発表。
その特徴的なスリーパネルデザインとカラフルなバリエーション、一目で分かるスワール(渦巻き)ロゴはやがてサンフランシスコのアイコンとなりました。
またこの頃、バイクショップやエンドユーザーに向けて、カスタムデザインできるオリジナルバッグの受注も始めます。

2000年代に入るとコンピューターのキャリーケースやラップトップのソフトケースを発表したり、カメラバッグやヨガバッグ、メッセンジャーバッグのアーティストシリーズ、トートバッグやダッフルバッグなどを加えたバッグとアクセサリーのコンプリートラインを始動。
さらに海外展開も開始するなど、「ティンバック2」は積極的な活動を進めます。

「ティンバック2」の創業から25年以上経った今でも、ロブ?ハニーカットの意志は受け継がれ、「ティンバック2」のバッグはいつ何時でもそばにいてくれる、とてつもなくタフなバッグとしてその名を馳せています。
「ティンバック2」は過酷な旅であっても信頼できる相棒として、その時必要なものを全て積み込んで、いつもあなたの側にいます。
それはあなたの自由の証であり、また人生において欠かすことのできない、それでいて簡単に失われることもない、あなたの大切な道具の一つでもあります。
信頼。それは「ティンバック2」にこそ当てはまる言葉です。

競売 396-3-2001 OS Qラップトップバックパック Backpack Q バックパック [ティンバックツー] B00HSGKSR4 ブラック-メンズ

三部作最終作という割には思ったよりあっさり映画でした。でもこれくらいの方が後腐れも無いですし逆に良いのかも?

競売 396-3-2001 OS Qラップトップバックパック Backpack Q バックパック [ティンバックツー] B00HSGKSR4 ブラック-メンズ

【fes/フェス】カウレザー×キャンバスリュック 47852 B01AW40IQE オーク

ポケモンGoのおかげで、20年前に好きだったポケモンであるモルフォンの事を思い出せました。20年前と同じように、またゲットしたモルフォンと共に頑張れそう。よろしくね!